DHA・EPAで中性脂肪の低下【ミドリムシサプリ】

不飽和脂肪酸も豊富!みどりむし!中性脂肪の撃退に最適!

植物と動物のもつ栄養素を兼ね備えているのが「みどりむし」です。あらゆる栄養素で含有量も多く、バランスよく栄養が詰まっています。みどりむしの持つ栄養だけで人間は生きていけると言われているほどです。

そして、中性脂肪や生活習慣病に良いとされる栄養素の【DHA・EPA】もミドリムシ1つで摂取することが可能です。ダイエットなどで使う方も多いですが、体の健康維持にも非常に優れた働きをしてくれますよ。

青魚に多く含まれる
不飽和脂肪酸が11種類
不飽和脂肪酸11種類
DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、ジホモγ-リノレン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸
不飽和脂肪酸ってなに?
脂肪酸の一種になります。中年太りなどに目立つメタボの改善などの健康になる脂肪として注目を浴びています。バターなどの重たい脂肪とは違い、魚や植物に含まれていて、イメージで言えば、軽い脂質であるといえます。健康に良い脂質なので、様々な体の健康に良いとされているのです。
DHAってどんな働き?
DHA(ドコサヘキサエン酸)は中性脂肪の抑制効果があるとされ、肝臓での分解作業を促進させる効能もあるとされています。
EPAってどんな働き?
EPA(エイコサペンタエン酸)は動脈硬化などの生活習慣病の予防に適した栄養素です。中性脂肪を減少させる効果が高いとされています。

中性脂肪の低下作用があると注目されているDHAだってミドリムシで摂取ができます。EPAは生活習慣病の予防に良いとされています。